育児から目標管理を学ぶ

目標管理を行うのは、仕事のパフォーマンスを上げるために重要であることは周知されるようになってきました。
しかし、実際に実践するかどうかはまた別の問題であり、大変さを感じて実践に漕ぎつけられない場合も少なくないようです。効果が高いとわかっていても、方法がわからかったり、試してみてもうまくいかなかったりする場合もあるようです。
しかし働く女性の場合には、復職後に目標管理を行って以前よりも高い目標をもって働けるようになることが多いようです。これは、育児を通して目標管理の大切さを実感すると同時に、育児を通して試行錯誤を行う経験が積めるのが理由となっているのではないでしょうか。
育児においては、二つの観点から目標をうまく管理していくことが欠かせません。一つは、子供を育てるという観点で適切な目標を与えて達成感を味わう経験をしてもらうことで、物事に対する興味ややる気を引き出すことです。これを行えなければ、自発的に行動する子供が育っていかないため、育児をする上では否が応でも取り組まなければいけなくなります。
もう一つは、それを達成するために自分の目標を立てなければいけないという状況に立たされることです。育児で、子供を思ったように育て上げるという成果を上げるために工夫を繰り返すことになると思います。目標を繰り返し立てて、反省を繰り返しながら取り組んでいかなければ育児は成功しません。この経験を数年間でも積んでみると仕事にも応用が可能になり、復職後には活躍できるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です