こまめな目標設定を心がける

目標管理を適切に行っていくと、モチベーションを高められることが知られるようになりました。
そのことを聞いて仕事に対するモチベーションを高めようと目標を立てる人も増えていますが、結局はモチベーションが下がってしまう人もいるのが現実です。失敗してしまっている原因として多いのが、目標設定と目標管理を取り違えてしまっていることが原因でしょう。
目標設定をすることはできていても、それを適切に管理していかなければモチベーションを高めることはできません。目標設定をした時点で、動機づけをすることもできますが、それがあまりに高い目標で達成不可能だったり、低い目標で達成感が得られなかったりすると意味があまりないのです。状況が変化すると目標も変えていく必要があり、特に働く女性に多いのはこの要因による失敗となっています。
働く女性の場合には、ライフステージによって仕事に費やせる時間も労力も変化するため、それに合わせて目標設定を行わなければ破綻してしまうことでしょう。一度立てた目標をただ追求していくのではなく、定期的な見直しをして改善していくことが目標管理には欠かせません。そうすることで、常に少し頑張ると大きな達成感が得られ、次の目標がまた目の前にあるという状況を維持することができるのです。自分で管理を始めたときには、まだ目標設定のあり方になれていないため、こまめに見直しをして適切なレベルの目標設定を行えるようになることが成功につながるでしょう。目標設定については、こちら「http://worklady-management.com」を参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です